日記・コラム DIARY

アイスストーム

2019年06月26日

先週の収穫は垂水Sを快勝したアイスストーム。なんとも雰囲気のある馬で、近いうちに重賞に手が届くものと期待しています。次走は小倉記念とのことで、そこにはメールドグラースという勢いのある馬も予定しているそうですから簡単ではありませんが、この夏の楽しみができました。

楽しみと言えば、今夜の帝王賞。ボクにとっての上半期の締めくくりですから、インティを勝利に導きたいものです。現地大井競馬場でのご声援をお待ちしております。

週末は土曜日に函館で騎乗して、日曜は福島へ。ラジオNIKKEI賞のゴータイミングがお目当てですが、コーナーを4つ回るコースがいいかどうかはやってみなければわかりません。思った通りの軽ハンデですから、その強みを生かす騎乗がしたいですね。

海外遠征

2019年06月20日

フランスのオークスにあたるディアヌ賞は13着。ロイヤルアスコット開催の中でも特にレベルが高いプリンスオブウェールズSに挑戦したディアドラは6着でした。

ディアドラのコンディションは、海外遠征が続いている中でもとても良かったと思います。誤算は日本では考えられないほどの重たい馬場でした。競馬場に到着して馬場を見た時はそれほど水分を含んでいない印象でしたが、直前になってものすごい土砂降り。それでもこなせるかなと思いましたが、経験がなかった分、厳しかったようです。

スタートもよく、周りの出方を伺いながらの道中の手応えは十分でした。最終コーナーまでは馬も頑張っていましたが、最後は力尽きてしまいました。1990mの芝の競馬で、決着時計が2分10秒25ですから、どれほど力の要る馬場だったかが想像できると思います。

着順こそ6着でしたが、メンバーはとても強かったですし、まったくレースをさせてもらえなかったわけではないので今後の日本馬の遠征につながる内容だったと思います。ロイヤルアスコットのような華やかな舞台で、いつか日本馬が勝つ時が来るはずです。

さて、今週末は帰国して阪神での騎乗。残念ながら宝塚記念は見学にまわることになりそうですが、上半期の総決算をどうぞお楽しみください。

常に前を向く

2019年06月05日

初めに安田記念のスタート直後の出来事についてお詫びを申し上げなければいけません。騎乗馬、ロジクライは大外枠から絶好のタイミングで出てくれましたが、直後になにかを見て内へ。半馬身出てしまっていたこともあって、すぐ内側の数頭に迷惑をかけてしまいました。その中には1番人気、2番人気の馬もいましたから、馬の癖によるものとしても騎手としての責任を感じないわけにはまいりません。今週、土曜日の騎乗停止を重く受け止めています。

それでも、常に前を向くのがボクらの仕事です。今週は、日曜のみ東京競馬場での騎乗。エプソムカップはソウルスターリングに、ヴィクトリアマイルに続いて乗せてもらいます。時計が速すぎる今季の東京ですが、G1を走ったあとというのはそういう意味で上積みになるのかもしれません。もっともっと走っていい馬です。

そのあとはフランスオークスから、ロイヤルアスコットへ。英国王室主催のロイヤルアスコットからは、名誉あるアンバサダーにも指名いただきましたし、燕尾服にシルクハットというドレスコードに見合った衣装も用意して行ってまいります。レース結果にも、もちろんご期待ください。