日記・コラム DIARY

悔しい敗戦でした

2017年04月26日

マイラーズカップのエアスピネルは、年長のイスラボニータに一歩及ばずの2着。本来の力からすれば、もう一段弾けてくれてもいいはずで、そう思うと悔しい敗戦でした。とはいえ、内容が悪かったわけではなく、先にある目標に向けてのステップレースとしては収穫も感じています。昨年のハイレベルのクラシック戦線で、3強に次ぐ存在だったエアスピネルですから、この先はもっと高いレベルの走りを期待しています。引き続き応援してやってください。
さて、今週は春の天皇賞です。キタサンブラックは、非常に強いレースをした大阪杯から、さらに良くなっているように見えます。追い切りは黒岩騎手にお任せしていれば間違いがありませんし、今朝も横目で見ていて絶好調だなと感じました。有馬記念で負かされたサトノダイヤモンドにリベンジしたい気持ちはもちろんですが、相手はそれだけではありません。この馬らしく重厚に戦って、最後に栄冠を手繰り寄せることができたら最高です。最高の季節を迎えている京都競馬場に、熱いご声援を届けていただけるようにお願いいたします。

本当に惜しい競馬でした

2017年04月19日

皐月賞のダンビュライトは、12番人気という低評価に発奮した形での3着。よく走ってくれました、と言うべきところですが、実は本当に惜しい競馬でした。想定していた以上に速い流れになったことにも恵まれて、直線に向くまでは理想的な競馬。先に抜け出したファンディーナが、外にフラフラと出てきたことで進路が狭くなったのがダンビュライトで、急にヴィクトリーロードが開けたのが勝ち馬。コンマ1秒差はたったそれだけのことだったと思えるだけに、もう一度だけ言わせてください。本当に惜しかったと。
でも、これでダービーは本当に楽しみになりました。速い時計の決着に対応できたことが大きな収穫で、道悪になればと思っていたボクの考えは間違いだったことがわかりました。これこそがうれしい誤算というヤツで、まずは馬に謝って、次こそは力を信頼して乗ることにします。
今週土曜日は福島競馬に参戦します。福島で開催された武豊展のトークショーの際、「福島牝馬ステークスにはなんとしても参戦します」と宣言。実は騎乗馬のアテもなかったのですが、クインズミラーグロという有力馬を用意していただき、嘘つきにならずにすみました。結果も出したいところです。
そして、日曜日は京都でマイラーズカップ。エアスピネルにとっても大事な一戦で、今週も充実した週末になりそうです。

桜花賞で2着に健闘

2017年04月13日

リスグラシューが、ハイレベルの桜花賞で2着に健闘。エンジンのかかりが遅い馬ですが、その分長い脚を使ってくれるのがこの馬。直線に入って勝ち馬に離されましたが、追いつける感覚はずっとありました。ゴール前はさすがにレーヌミノルの脚も鈍り始めていたのがわかり、差せるんじゃないかと懸命に追いましたが、結果は半馬身及びませんでした。でも、この伸び脚は能力の証明。オークスに夢がつながりました。
今週は皐月賞。またまた雨の予報が出ていますが、ボクのダンビュライトにとっては好都合。できれば不良馬場になっても構わないと思っているほどです。牝馬に比べて、牡馬は小粒とも言われており、だからこそ牝馬ファンディーナが追加登録料を払ってまで殴り込んで来ているのでしょう。でも、競馬の予想は、いまや天気予報よりはるかにアテになりません。いや、天気予報が進化しているだけで、競馬の予想はスーパーコンピュータを持ってしても難し過ぎるということなのでしょう。
今回のダンビュライトは穴馬以下の評価のようですが、見立てを覆すような走りを引き出すのがボクの仕事です。今週も盛り上がりたいです。