日記・コラム DIARY

今週はフェブラリーS

2017年02月15日

今週はフェブラリーS。今年初のG1です。ダート路線はメンバーが安定して充実しており、今年も非常に層が厚い戦い。ボクのコパノリッキーもかなりの実績馬ですが、どうやら穴馬あつかいです。強いときは強いのがこの馬の持ち味ですから、そういうコパノリッキーであってほしいと、馬を信じて乗るつもりです。
ダートといえば、3歳のオープン特別、ヒヤシンスSもすごいメンバーが揃いました。ボクが乗るアディラートもかなりのものですが、ほかにも素質馬がズラリ。毎年強いメンバーが揃っていると思うので、そろそろ重賞に格上げという声が出てきても不思議ない感じがします。3歳馬のダート路線は決してきちんとした道ができているとは言えないと思うのですが、昨年のラニのように米国の三冠路線に進むというのも、オーナーの理解がなければなかなかできるものではありません。このあたりはJRAも課題と思っている、と信じたいですね。
さて、昨日はバレンタインデーでした。もう遠い昔のことになりましたが、独身寮に山ほどチョコレートが届いたことを懐かしく思い出します。食べきれない分は近所の幼稚園に配らせていただき、それはそれは喜ばれたものでした。いまは自分で食べきれる分ぐらいしかもらえないわけで、正直寂しい気持ちもありますね。義理チョコでまったく構いませんから、来年はもう少しもらえるようにアピールしようかと思っています。

ボクの記録のことでウンチクを少々

2017年02月02日

先週はシルクロードSをダンスディレクターの頑張りのおかげで勝利。今年二つめの重賞勝ちとなりました。一つめの京都金杯も笹田厩舎のエアスピネル。そしてダンスディレクターも笹田厩舎。足を向けて寝られない、というのはこういうことを言うのでしょうね。心から感謝しております。と思っていたら、「ウチは今年まだ2勝。重賞だけっていうのも珍しいでしょ? 勢いがあるのかないのか」と、複雑な表情の笹田調教師です。今週も東京新聞杯でエアスピネルにお世話になるつもりなので、"3勝だけど全てが重賞"という珍しい記録でも目指しましょうか。
ボクの記録のことでウンチクを少々。31年連続重賞勝利、というのは金杯で達成しましたが、先週の勝利で31年連続重賞複数勝利、という記録も続いています。少なかった年は、デビューの'87年、米国に拠点を移していた'08年、ケガをした'12年で、その3年が3勝でした。今年もうひとつ勝てば、31年連続重賞3勝以上となるわけで、何年か先には高いハードルになるかもしれない記録を、今年ぐらいはあっさりとやっておきたいと思っています。

国際男女混合レースに参戦

2017年01月25日

先週はマカオで行われた、国際男女混合レースに参戦。顔見知りのジョッキーがほとんどいなかったというのも、ある意味新鮮で、初めての競馬場を楽しんできました。イベントが土曜日だけというのは知っていましたが、マカオ=暑い=当然ナイター、という思い込みがあり、行ってみて昼間の開催だったことに少し驚きました。というのも、それなら頑張って当日にうちに帰国して日曜には日本の競馬に乗れたかもしれないと思ったからです。現実にはちょっと無理だったようですが。
土曜に海外にいる状態で日曜の日本の競馬にエントリーするための絶対クリアしなければいけない条件は、土曜のうちに帰国する予定が立つかどうかです。あとからこんなことを考えるのも、長年海外を飛び歩いてきた経験があったから、ですよね。
今週は京都で騎乗します。今朝の栗東は手がかじかむほどの寒さでしたが、週末は寒波も少し緩むようです。これ以上ない薄着をしているジョッキーが言うことでもありませんが、風邪をひかないような服装で冬競馬を楽しんでいただければと思います。シルクロードSのダンスディレクター、ハンデは重かったですが、楽しめるはずです。