日記・コラム DIARY

6回目のダービー制覇

2022年05月18日

 落馬事故で大きなケガをした北村友一騎手が、1年1か月ぶりにトレセンに帰ってきました。休んでいる時間は精神的に辛いものですし、リハビリも肉体的に辛い。よくぞ帰ってきてくれた、と心の中で拍手を贈りました。レースの復帰は来月からになるようです。ご声援を。

 先週は競馬学校騎手課程の同期生だった蛯名正義厩舎のダイナストーンで勝てたのがうれしかったです。特別レースでもありませんでしたが、ゴールの瞬間は思わずガッツポーズ。学校で机を並べていたエビちゃんと、まさかこんな関係で勝利を喜び合うとは想像もしていませんでした。長く乗っているといいことがありますね。

 さて、春のG1シリーズもいよいよ佳境を迎えます。今週は武幸四郎調教師と挑むオークスです。桜花賞でハナ差2着に泣いたウォーターナビレラの気配はさらに上向いていますし、混戦との見立てにはうなずきつつも、チャンスがある馬の1頭と信じて乗ります。

 そして来週はダービー。今朝もドウデュースの1週前の追い切りに騎乗したあと、たくさんのメディアの取材を受けましたが、ボク自身6回目のダービー制覇に前向きの姿勢を貫いたつもりです。

 競馬の祭典にたっぷりとページを割いてくれた、スポーツ雑誌Numberのダービー特集号にはもちろんボクも登場しています。明日19日の発売だそうです。

クライマックス近し

2022年05月11日

 先週はNHKマイルC。密かに期待していたジャングロでしたが、ゲートの中で何度も出たがっては戻りをして、タイミングが合わずに出遅れ。想定外の最後方からの競馬になってしまいました。結果は7着でしたが、道中は思った以上に折り合えましたし、ラストもいい脚を使っていました。試そうと思ってできる競馬ではなかったので、これで手が広がったのは大きな収穫。次はどんな競馬をしようかと、いまから楽しみです。

 今週も東京でG1が続きます。ヴィクトリアマイルは牝馬限定の古馬のマイル戦ですが、すごい豪華メンバーが揃いました。ボクが騎乗するディヴィーナも勢いのある4歳ですが、伏兵扱いをまぬかれません。先週、1週前の追い切りに乗って、CWコースで6ハロン77秒5という時計が出たほどで、絶好調を感じています。ただし、今週は追い切りにお呼びがかからず。仕上がっているから、と前向きに考えています。

 来週がオークスで、その次はいよいよダービー。先週あたりから、全部飛び越えてダービーの話題を振られることが多くなり、クライマックス近しを実感しています。相棒のドウデュースと、今朝もすれ違いましたが、順調そうでなによりです。

格別に熱い競馬

2022年05月04日

 今週はまさにゴールデンウィーク。昨日火曜日は名古屋競馬場でかきつばた記念(ヘリオス)、今日は園田競馬場で兵庫チャンピオンシップ(ノットゥルノ)、明日は船橋競馬場でかしわ記念(インティ)と、交流重賞を乗り歩きます。

 新装なった名古屋競馬場は、馬場もしっかりしていて乗りやすかったですし、逃げ差しが互角で面白い競馬が展開されていました。ヘリオスは惜しくも2着でしたが、超満員のファンの皆さんに楽しんでいただけたかと思います。今日、明日も全力を尽くします。

 週末は土日とも東京で騎乗する予定です。コロナ対策でやむなく入場制限が行われていますが、今週の東京は3万人以上が入れる(ネットによる事前申し込みが必要です)仕様。昨日の名古屋競馬場で改めて実感しましたが、ファンの皆さんのナマの声援というものが、どれほどの大きな力になっているか。今週は格別に熱い競馬が見られるはずで、どうぞご期待ください。

 ボクは、土曜日はダービートライアルのプリンシパルSにドーブネ、日曜日はNHKマイルCにジャングロが主な騎乗馬。せっかくのGW終盤でもありますし、好天での競馬を祈ります。