記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

秋華賞

秋華賞
日時 2005年10月16日
騎乗馬 エアメサイア
性齢 牝3
父馬 サンデーサイレンス
母馬 エアデジャヴー
競馬場 京都
条件・距離 芝2000m
馬場状態
レース紹介

春はどうしても敵わなかったラインクラフトを前哨戦で一蹴。ユタカは大きく成長を遂げてターフに帰ってきたエアメサイアから、最後の1冠に向け明確な手ごたえを得た。それでも、ライバルとの差は僅か。届くか否か──2強対決に沸いたレースは、1度のミスも許されない緊迫感の中で展開した。ユタカはエアメサイアと呼吸を合わせて中団に構え、軽快に飛ばすラインクラフトを射程圏にロック。3コーナーからライバルが動くとすかさず応戦し、直線の攻防はローズSの再現とも言うべきマッチレースに。逃げ込みを図るラインクラフト、追い詰めるエアメサイアの2頭が他馬を見る見る引き離していく。残り200m、100mと着実に差を詰めたエアメサイアは、最後の50mでラインクラフトに馬体を併せると、ユタカの叱咤に応えてもう一伸び。春に泣かされた「あと一歩」を今度は味方につけ、クビ差で2強対決にケリをつけた。1度のミスもなく、一瞬の機を逃さない……ユタカ会心の騎乗で、2005年秋のGIロードが幕を開けた。

GI勝利一覧へ戻る