記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

菊花賞

菊花賞
日時 1988年11月06日
騎乗馬 スーパークリーク
性齢 牡3
父馬 ノーアテンション
母馬 ナイスデイ
競馬場 京都
条件・距離 芝3000m
馬場状態
レース紹介

菊花賞トライアル、京都新聞杯で大きな不利を受け、頼みの綱だった優先出走権を逃したユタカとスーパークリーク。しかし本番では直前に出走回避馬が出たため、ギリギリのすべり込みでゲートインが叶う。ユタカは17番枠からスタートしたスーパークリークを、流れのなかで自然に中団インコースへと導き、4コーナーで前が開くのを待った。迎えた直線、スーパークリークは一気に抜け出し、2着のガクエンツービートに5馬身もの大差をつけて栄光を掴む。ユタカは当時19歳。デビューからわずか1年9ヶ月でのクラシック制覇は、史上最短の記録であった。

GI勝利一覧へ戻る