記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

天皇賞・春(GI)

天皇賞・春(GI)
日時 2016年05月01日
騎乗馬 キタサンブラック
性齢 牡4
父馬 ブラックタイド
母馬 シュガーハート
競馬場 京都
条件・距離 芝3200m
馬場状態
レース紹介

かつてはイナリワン、スーパークリーク、メジロマックイーンで天皇賞・春を4連覇するなど「平成の盾男」と謳われていたユタカ。今回は2005年・ディープインパクトで勝利して以来となる11年ぶりの天皇賞・春の勝利となった。レースは最内枠の利点を活かし、好スタートからすぐさまハナを奪って出る。前半の1000mを1分1秒8というマイペースの競馬に持ち込み、軽快に先頭を進んでいくユタカとキタサンブラック。4コーナーから直線に入っても先頭を譲らず、懸命に馬場の内側からラストスパートに入った。残り200mの標識の辺りで、キタサンブラックを終始マークしていたカレンミロティックがここぞとスパートして馬体を並べ、一旦はキタサンブラックを交わしたかに思われた。しかし、ここからがキタサンブラックとユタカの根性の見せどころ。何と、再び内から差し返して、僅かに抜け出たところがゴールだった。写真判定の結果、ハナ差での勝利。ユタカ自身は前人未到の天皇賞・春7勝目。天皇賞通算12勝目というのだから「平成の盾男」健在と言っても過言ではない。レース後、夕暮れの淀にオーナー・北島三郎氏の唄声が響き渡った事は言うまでもない。

GI勝利一覧へ戻る