記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

天皇賞・春(GI)

天皇賞・春(GI)
日時 2017年04月30日
騎乗馬 キタサンブラック
性齢 牡5
父馬 ブラックタイド
母馬 シュガーハート
競馬場 京都
条件・距離 芝3200m
馬場状態
レース紹介

昨年の春の盾取りから1年。再びで淀のターフに黒い衝撃が走った。レースはスタートダッシュを決めつつも無理にハナを奪うことはなく、2番手からの競馬となったキタサンブラック。先頭を走るヤマカツライデンは大逃げを打って2番手のキタサンブラックに10馬身以上の差をつけて逃走していた。それでも鞍上のユタカは全く動じることもなく、淡々とレースを進めていく。そして、向こう正面から3コーナーへ差しかかる辺りから馬なりのままロングスパートを開始。4コーナーで先頭に躍り出ると、そのままゴールへ向かって一気にスピードを上げて後続を引き離しにかかった。最後はシュバルグラン、サトノダイヤモンドが猛追してくるも一度先頭に立ったキタサンブラックは影すら踏ませることを許さずに、ゴール板を駆け抜けた。この勝利でユタカは通算8度目の天皇賞(春)制覇。キタサンブラックも史上4頭目となる天皇賞(春)連覇。さらには06年にユタカが騎乗したディープインパクトが叩き出したタイムを0.9秒も上回る3分12秒5というレコードタイム。キタサンブラック自身が昨年に出した3分15秒3という時計を2秒8も縮める圧倒的な勝利となった。

GI勝利一覧へ戻る