記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

フェブラリーS(GI)

フェブラリーS(GI)
日時 2019年02月17日
騎乗馬 インティ
性齢 牡5
父馬 ケイムホーム
母馬 キティ
競馬場 東京
条件・距離 ダ1600m
馬場状態
レース紹介

2018年7月、はじめてユタカがインティの手綱を取ったレースは、中京で行われた500万下の条件戦だった。そこからこのコンビで破竹の5連勝(インティ自身は7連勝)。遂には初挑戦となるG1の大舞台で、いきなりビッグタイトルをゲットした。単勝2.6倍の1番人気に推されて迎えたレースは、好スタートを決めたインティがハナを奪う形で幕開け。返し馬からテンションが高かったインティだが、ユタカが上手く折り合いを付けてマイペースでの逃げに持ち込んだ。軽快なリズムで先頭を行くインティ。最後の直線に入ってもそのスピードは衰えることなく伸び続けていった。残り200mの辺りで、若干ふら付く仕草を見せるも余裕のセーフティリードかと思われた。ところが、外から2番人気のゴールドドリームが末脚を爆発させて一気の強襲。最後は2頭が馬体を併せ、鼻づらを並べるほどに接近したが、インティがクビ差ほど凌いで勝利。インティ自身、未勝利戦勝利から7連勝でダート王の座まで上り詰めた。馬、厩舎、馬主、生産牧場も全てが中央G1初勝利。ユタカはこの勝利でフェブラリーS最多の5勝目。一昨年の有馬記念からおよそ1年2か月ぶり、通算76回目のJRAG1制覇。2019年最初のG1を勝利で飾った。

GI勝利一覧へ戻る