記録・成績 Result

GI勝利 ーレース紹介ー

東京優駿(GI)

東京優駿(GI)
日時 2022年05月29日
騎乗馬 ドウデュース
性齢 牡3
父馬 ハーツクライ
母馬 ダストアンドダイヤモンズ
競馬場 東京
条件・距離 芝2400m
馬場状態
レース紹介

2021年の最優秀2歳牡馬・ドウデュース。3歳になってからは惜敗が続いてしまったが、日本ダービーという大舞台でついに完全復活。ユタカと共に新たな勲章を手にした。 レースはデシエルトが猛スピードで引っ張る中、ドウデュースとユタカは後方待機策を選択。有力馬の一頭であるイクイノックスと共に後ろから虎視眈々と勝利を目指してレースを進めていった。前半の1000m通過タイムは58秒9という若干のハイペース。こうなると展開がドウデュースを味方する。レース後のインタビューでユタカが「4コーナーを回ってくる時は最高の手応えで、前にいる馬は全てかわせると思いました」と語ったように、直線に入ると一気にギアが上がって加速。先行策からの粘りこみを図っていたアスクビクターモアをかわして先頭へ躍り出ると、最後は後方から迫ってきたイクイノックスの追撃を振り切って先頭でゴール板を駆け抜けた。勝ち時計は2分21秒9というレースレコード。これでユタカは20代、30代、40代、50代と各世代でダービーを勝利。9年ぶり6度目のダービー制覇は自身の持つダービー最多勝利数を更新した。レース後、東京競馬場に駆け付けた6万人を越す大観衆からの「ユタカコール」は何とも印象的で胸を熱くさせられた。秋には凱旋門賞挑戦のプランも用意されているようで、このコンビのさらなる活躍が期待される。

GI勝利一覧へ戻る