特別企画 SPECIAL

武豊ファンミーティングレポート-2016-NEW

今年で4回目を迎えたファンミーティング。例年通り「武豊オフィシャルカレンダーセット」をご購入、ご応募いただいた中から抽選で300名様を品川プリンスホテルにご招待しての開催となりました。今年も北は北海道、南は九州と遠方からも沢山のファンの方々にご参加頂きましたこと心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今回、参加が叶わなかった皆様には簡単ではございますが「武豊ファンミーティング2016」のレポートをお届けいたします。

今年も、ゲストMCには見栄晴さん、アシスタントに星野涼子さんのお二人で進行開催。見栄晴さんのご挨拶のあと、武豊騎手編集、30周年記念オープニングムービーが流れ、会場のボルテージが高まったところで武豊騎手が登場。

大きな拍手で迎えられ、登壇した武豊騎手、笑顔炸裂で見栄晴さんとのトークがスタート。まずは前日に勝利したエンブレス杯のお話から、3月3日のこの日、JRA所属の女性騎手として16年振りとなる藤田菜七子騎手のデビューをはじめ、新人騎手の話題、そして、自身のデビュー当時を振り返り、新人時代の思い出話など、なかなか聞くことができない裏話にも花が咲きました。

見栄晴さんとの軽快なトークは、30年連続JRA重賞制覇、重賞300勝、3800勝達成といった各種記録の話へと流れ進みます。海外・地方の勝利数も合わせると4000勝を越えていることを自分でも気づかず知らぬ間に通算4000勝が過ぎていったこと、過去に最も勝っている特別レースが伊丹Sだったということ、などなど、会場からは「へぇぇ~」「おぉぉ~」の声が連発。ちなみに武豊騎手自身も伊丹Sの事は知らなかったそうで「そうなんだ~」とのリアクションに、会場全体が笑顔に包まれ和やかにトークは進行。

今回は、ファンミーティング参加応募はがきに「重賞300勝の中から武豊騎手に聞きたいレース・馬名」を記載していただきました。その回答を集計し、結果の発表からトークへと進行。投票されたレースは300レース中121レース。まずは、少数得票の中から見栄晴さんのセレクトで武豊騎手にレースを振り返っていただきます。「ブロードアピールのガーネットS」、「ハートレイクの安田記念」、「レオテンザンの京都新聞杯」などマニアックなレースについての思い出もコメント。その際に同じレースに出走していた馬、そのレースの展開など全てを事細かく記憶していることも披露。本人曰く、「重賞ぐらいになると当然、全部覚えていますよ」とのこと。「さすがに伊丹Sの事は覚えていませんでした(笑)」という発言には場内が大爆笑。

オグリローマンの桜花賞は全300レース中で自身が最もビックリした勝利。ピンクのゴーグルをつけてたという裏話。初重賞勝利となった「トウカイローマンの京都大賞典」。

豊マジックという言葉はこのレースで生まれたと言われる、見栄晴さんが1番ききたかったレース「シャダイカグラの桜花賞」はレース映像を観ながら解説。

「スペシャルウィークのダービー」、「オグリキャップの有馬記念」「ウオッカの天皇賞」、「ディープインパクトの有馬記念」、「サイレンススズカの毎日王冠」などなど、その他にも記載できないくらいのレースの話に、会場全体が、名馬とレース、その時代に思いを馳せ時間が流れていきました。数ある名勝負を抑えて、栄えあるベスト1位に輝いたのは「キズナのダービー」。ジョッキーにとってのダービー制覇への思いも聞くことができました。上位、1位から5位まではレース映像を観ながらの進行、まさにプレミアムなトークショーとなりました。

応募はがき回答集計はこちら>>

最後は恒例となったサイングッズプレゼント。今年は抽選ではなく見栄晴さん考案のクイズ大会を決行。クイズの内容はもちろん、武豊問題オンリー。来場者のみなさんには1~4の数字が書かれたカードが配られ、問題の度に答えだと思うカードを掲げて、最後に残った人がプレゼントをゲットできるという流れ。最初はウォーミングアップを兼ねてプレゼントは見栄晴さんが所属されている、浅井企画様からご厚意でいただいたグッズからスタート。

この時点でも盛り上がりましたが、武豊騎手のレアグッズになると、場内のボルテージは最高潮に。武豊騎手自身ですら答えが分からないほどの難問(例:武豊がG1レースで勝ったことがない馬番は? 例:現在までの3808勝の中でゼッケン18番での勝利は何勝? などなどのカルトクイズ)が連発するなかで、最後はクイズ正解者達と武豊騎手とのジャンケンで勝者を決定。大盛会でのクイズ大会は幕を閉じました。…ところがクイズ大会でテンションが上がった武豊騎手から「もう終わり? 案外クイズ好きかも(笑)」との発言…。見栄晴さんから「それではファンミーティングの他にクイズ大会も年に2回ぐらいやりましょうか。」との提案があるほど盛り上がった楽しい企画でした。

大盛況の中、ファンミーティングはフィナーレへ。最後は武豊騎手からファンの皆様へ感謝の意をお伝えし、「ファンの皆さんの笑顔が僕の励みです。笑顔がたくさん見たいので頑張ります」「またリーディングを取ります!」と力強く宣言。盛大な拍手に送られてお開きとなりました。

今年はデビュー30周年という記念の年。宣言通り大活躍され、来年また、ファンの皆さまに直接感謝の気持ちをお伝えできますよう、今後とも大きな後押し、たくさんのご声援をよろしくお願いいたします。

なお、イベントの模様は3月12日(土)18:30~20:00の「武豊TV!II」の中で放送予定です。どうぞお楽しみに!

Text by ファンミーティング運営事務局